沖縄こどもの国の割引券やクーポンを手に入れる6つの方法!


沖縄県沖縄市にある沖縄こどもの国は、琉球弧に生息する生き物をはじめ150種類の生き物を飼育している動物園で、休みの日になると多くの人が訪れる人気施設となっています。

そんな沖縄こどもの国に行きたいと考えていると思いますが、料金を見てみるともう少し安く利用できないかなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、沖縄こどもの国の割引券・クーポン情報についてお伝えします!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、沖縄こどもの国に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】沖縄こどもの国の口コミ情報を確認する

スポンサードリンク

沖縄こどもの国の割引券・クーポン情報!

沖縄こどもの国の割引券やクーポンの入手方法を6つ紹介します。

格安で簡単な方法から、少し面倒だけど割引率が高い物までありますので、自分に合った方法で割引券・クーポンをゲットしましょう!

※注意!
時期によっては割引対象期間を過ぎていたり、割引除外期間だったり、割引になる条件が変更になっていることもありますので、対象のサイトや施設に問い合わせ、確認してから利用するようにしましょう!

[入場料]

区分 料金
大人 500円
中高生 200円
4歳~小学生 100円

JAF会員証を提示する

JAF会員の方は、チケット窓口にJAF会員証を提示すると、会員を含む5人まで割引料金で利用する事ができます。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 500円 400円
中高生 200円 150円
4歳~小学生 100円 80円

OCSカードを提示する

OCSカードをお持ちの方は、チケット窓口にOCSカードを提示すると、会員を含む5人まで割引料金で利用する事ができます。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 500円 400円
中高生 200円 150円
4歳~小学生 100円 80円

HISクーポンを利用する

HISクーポンでは会員登録をしなくても利用できるクーポンを発行しています。

HISクーポンDXアプリをダウンロードして、チケット窓口にクーポンを提示すると、クーポン1枚で5人まで割引料金で利用する事ができます。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 500円 400円
中高生 200円 150円
4歳~小学生 100円 80円

スポンサードリンク

ベネフィットステーションに登録してクーポンを提示する

ベネフィットステーションとは福利厚生サービスを行っている会社のサービスで、旅行やレジャー施設、飲食店など約50万点以上のサービスを通常よりも安い料金で利用することができるサービスを行っています。

料金が月額1,026円かかりますが、上手く使えば元を取って節約することができるので登録してみましょう。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 500円 400円
中高生 200円 150円
4歳~小学生 100円 80円

デイリーPlusに登録してクーポンを提示する

デイリーPlusとはヤフーが提供している会員制割引優待サービスで、映画館やレジャー施設、宿泊など約90万件の割引サービスを提供しています。

月額540円で利用することができますので、すぐに元を取ることも可能です。

さらにこちらから登録すると2ヶ月無料で利用できますのでおすすめですよ。
デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 500円 400円
中高生 200円 150円
4歳~小学生 100円 80円

駅探バリューDaysに登録してクーポンを提示する

駅探バリューDaysとは月額324円でレジャー・宿泊・映画など、お得なチケットを手に入れることが出来るサービスを行っています。

以前は優待サービスが30万件ほどでしたが、ここ1~2年ほどで100万件まで利用できる施設が増えています。

無料期間はありませんが、安い料金で利用できるのが特徴です。
会員制の優待割引サービス「駅探バリューDays」
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 500円 400円
中高生 200円 150円
4歳~小学生 100円 80円

おまけ情報

チケット料金の割引方法ではありませんが、お得に利用する事ができる方法がありましたので、紹介したいと思います。

イオンクレジットカードを提示する

イオンクレジットカードをお持ちの方は、売店で商品を1,000円以上購入した際にイオンクレジットカードを提示すると、1,000円毎にオリジナルステッカーを貰うことができます。

まとめ

今回は、沖縄こどもの国の割引券やクーポンを手に入れる6つの方法についてお伝えしました!

どの方法も割引率が同じなので、自分に合った方法でお得に利用しましょう!

スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています