ちくさ高原スキー場のリフト券の7つの割引券クーポン情報!


兵庫県宍粟市にあるちくさ高原スキー場は、初心者~上級者まで楽しめる幅の広いゲレンデ構成となっているので、子供でも安心して滑ることができ、スキースクールやキッズパークも充実している人気スポットとなっています。

そんな、ちくさ高原スキー場に行きたいなと考えていると思いますが、リフト券の料金を見てみると高いなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、ちくさ高原スキー場のリフト券の割引券・クーポン情報についてお伝えします!

ちなみにこちらの「EPARKママこえ」というサイトでは、ちくさ高原スキー場に実際に行ってきた人たちの口コミ情報や写真などをチェックすることができるので、実際に行く前に確認しておくと役に立ちますよ♪
【EPARKママこえ】ちくさ高原スキー場の口コミ情報を確認する

スポンサーリンク

ちくさ高原スキー場のリフト券の割引券・クーポン情報!

ちくさ高原スキー場のリフト券の割引券やクーポンの入手方法を7つ紹介します。

格安で簡単な方法から、少し面倒だけど割引率が高い方法まであるので、自分に合った方法で割引券・クーポンをゲットしましょう!

※注意!
時期によっては割引対象期間を過ぎていたり、割引除外期間だったり、割引になる条件が変更になっていることもありますので、対象のサイトや施設に問い合わせ、確認してから利用するようにしましょう!

[1日券]

区分 料金
大人 4,000円
シニア
(55歳以上)
3,500円
子供
(4歳~中学生)
3,000円

楽天トラベルのクーポンを利用する

楽天トラベルのちくさ高原スキー場のページでは、リフト券の割引クーポンが発行されていることがあり、通常よりも安く利用する事ができます。

ただ、時期によっては発行されていないこともあるので注意しましょう。

ちなみに、周辺にある宿情報も掲載されており、宿によっては格安リフト券の販売も行っていることがあります。

楽天トラベルから宿泊予約すると、ポイントも貯まって両方お得なので、チェックしてみましょう!
【楽天トラベル】ちくさ高原スキー場の割引クーポンを確認する!

雪マジ!19を利用する

雪マジ!19とは、19歳なら全国190以上のゲレンデでリフト券が無料になるキャンペーンを行っているサービスのことを言います。

「マジ☆部」というスマホアプリをダウンロードして、アプリ内の「雪マジ!19」に参加するとリフト券無料のクーポンをゲットすることができます。

そして、スキー場に顔写真の付いた身分証明書とクーポン画面を提示すると、リフト券を無料で利用することができます。

タイムズクラブカードを提示する

タイムズクラブカードをお持ちの方は、チケット窓口にタイムズクラブカードを提示すると、会員を含む5人まで割引料金で利用することができます。
[1日券]

区分 通常料金 割引料金
大人 4,000円 3,500円

スポンサーリンク

ローチケHMVからリフト券を購入する

ローチケHMVでは、ちくさ高原スキー場のリフト券を販売しており、通常よりも安く購入することが出来ます。
[1日券]

区分 通常料金 割引料金
大人 4,000円 3,500円

WINTER PLUSからリフト券を購入する

WINTER PLUSというサイトでは、ちくさ高原スキー場のリフト券を販売していて、通常よりも安く購入することができます。

ただ、販売期間が短い事もありますし、早い時期に購入すると割引率も大きくなるので、できるだけ早めに購入するのがおすすめですよ。
[1日券]

区分 通常料金 割引料金
大人 4,000円 2,800円
シニア
(55歳以上)
3,500円 2,800円
子供
(4歳~中学生)
3,000円 2,800円

SURF&SNOWからリフト券を購入する

SURF&SNOWというサイトでは、ちくさ高原スキー場のリフト券を販売していて、通常よりも安く購入することができます。

ただ、販売期間が短い事もありますし、早い時期に購入すると割引率も大きくなるので、できるだけ早めに購入するのがおすすめですよ。
[1日券]

区分 通常料金 割引料金
大人 4,000円 2,800円
シニア
(55歳以上)
3,500円 2,800円
子供
(4歳~中学生)
3,000円 2,800円

金券ショップ・ヤフオクを利用する

金券ショップ・ヤフオクでは、ちくさ高原スキー場のリフト割引券が出品されていることがあり、通常よりも安く購入することが出来ます。

こまめに覗いてみて安いものがあったら落札してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、ちくさ高原スキー場のリフト券の7つの割引券クーポン情報についてお伝えしました!

様々な方法がありますので、自分に合った方法でお得に利用しましょう!

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています