大滝鍾乳洞の割引券やクーポンを手に入れるための7つの方法!


※画像はイメージです

岐阜県郡上市にある大滝鍾乳洞は、総延長2kmに及ぶ東海地区最大級の石灰洞窟となっており、中は年間を通して一定の気温が保たれているので、1年中楽しむことができる人気のスポットになっています。

そんな大滝鍾乳洞に行きたいなと考えていると思いますが、料金を見てみると高いなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、大滝鍾乳洞の割引券・クーポン情報についてお伝えします!

スポンサードリンク

大滝鍾乳洞の割引券・クーポン情報!

大滝鍾乳洞の割引券やクーポンの入手方法を7つ紹介します。

格安で簡単な方法から、少し面倒だけど割引率が高い物までありますので、自分に合った方法で割引券・クーポンをゲットしましょう!

※注意!
時期によっては割引対象期間を過ぎている場合や、割引になる条件が変更になっていることもありますので、対象のサイトや施設に問い合わせ、確認してから利用するようにしましょう!

[入場料]

区分 料金
大人 1,000円
中高生 800円
小人
(5歳~小学生)
500円
※ケーブルカー乗車券込みの料金です。

JAF会員証を提示する

JAF会員の方は、チケット窓口にJAF会員証を提示すると、1グループまで割引料金で利用することができます。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,000円 900円
中高生 800円 720円
小人
(5歳~小学生)
500円 450円

ETCカードを提示する

ETCカードをお持ちの方は、チケット窓口にETCカードを提示すると、割引料金で利用することができます。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,000円 850円
中高生 800円 680円
小人
(5歳~小学生)
500円 425円

JTBから前売り券を購入する

JTBでは、大滝鍾乳洞の前売り券を販売していて、通常よりも安く購入することができます。

JTBを経由すれば各コンビニから購入することができるので便利ですよ。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,000円 800円
中高生 800円 650円
小人
(5歳~小学生)
500円 400円

スポンサードリンク

公式サイトのクーポンを利用する

大滝鍾乳洞の公式サイトでは、入場料をお得に利用できる割引クーポンを発行していて、クーポン1枚で1グループまで割引料金で利用することができます。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,000円 850円
中高生 800円 680円
小人
(5歳~小学生)
500円 425円

ベネフィットステーションに登録してクーポンを提示する

ベネフィットステーションとは福利厚生サービスを行っている会社のサービスで、旅行やレジャー施設、飲食店など約50万点以上のサービスを通常よりも安い料金で利用することができるサービスを行っています。

料金が月額1,026円かかりますが、上手く使えば元を取って節約することができるので登録してみましょう。
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,000円 900円
中高生 800円 720円
小人
(5歳~小学生)
500円 450円

デイリーPlusに登録してクーポンを提示する

デイリーPlusとはヤフーが提供している会員制割引優待サービスで、映画館やレジャー施設、宿泊など約90万件の割引サービスを提供しています。

月額540円で利用することができますので、すぐに元を取ることも可能です。

さらにこちらから登録すると2ヶ月無料で利用できますのでおすすめですよ。
デイリーPlus – Yahoo! JAPANが提供する会員制割引優待サービス
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,000円 900円
中高生 800円 720円
小人
(5歳~小学生)
500円 450円

駅探バリューDaysに登録してクーポンを提示する

駅探バリューDaysとは月額324円でレジャー・宿泊・映画など、お得なチケットを手に入れることが出来るサービスを行っています。

以前は優待サービスが30万件ほどでしたが、ここ1~2年ほどで100万件まで利用できる施設が増えています。

無料期間はありませんが、安い料金で利用できるのが特徴です。
会員制の優待割引サービス「駅探バリューDays」
[入場料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,000円 900円
中高生 800円 720円
小人
(5歳~小学生)
500円 450円

まとめ

今回は、大滝鍾乳洞の割引券やクーポンを手に入れるための7つの方法についてお伝えしました!

おすすめの方法
③JTB

おすすめの方法としては上記のようになります。

他にも様々な方法がありますので、自分に合った方法でお得に利用しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています