琵琶湖博物館の割引券やクーポンを手に入れる3つの方法!


滋賀県草津市にある琵琶湖博物館は、湖をテーマにした博物館として日本で最大規模を誇り、琵琶湖に棲む生き物を見ることができる水槽展示などが人気を集めています。

そんな琵琶湖博物館に行きたいなと考えていると思いますが、料金を見てみると高いなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、琵琶湖水族館の割引券・クーポン情報についてお伝えします!

スポンサーリンク

琵琶湖博物館の割引券・クーポン情報!

琵琶湖博物館の割引券やクーポンの入手方法を3つ紹介します。

格安で簡単な方法から、少し面倒だけど割引率が高い物までありますので、自分に合った方法で割引券・クーポンをゲットしましょう!

※注意!
時期によっては通常料金が変更、割引期限の終了、割引除外期間の設定、割引率や割引になる条件が変更されている場合があるので、必ず公式HP・割引対象サイトを確認してから利用しましょう。
(もしも変更になっていた場合は、お問い合わせからご一報下さると修正致します)

[観覧料]

区分 料金
大人 750円
高校・大学生 400円

家族ふれあいサンデーに利用する

毎月第3日曜日になると「家族ふれあいサンデー」というイベントを行っており、滋賀県内在住で家族連れで来館された方で、滋賀プラスワン、またはスマイルカードを提示すると、観覧料を無料で利用する事ができます。

また、滋賀県内に在住していることがわかるもの(健康保険証など)を提示しても同様のサービスを受けることができます。
[観覧料]

区分 通常料金 割引料金
大人 750円 無料
高校・大学生 400円 無料

体験学習の日に利用する

毎週土曜日は「体験学習の日」というイベントを行っており、滋賀県の高校生の方は学生証をチケット窓口に提示すると、観覧料を無料で利用する事ができます。
[観覧料]

区分 通常料金 割引料金
高校生 400円 無料

ネットオークションを利用する

各ネットオークションサイトでは、琵琶湖博物館の割引券などが稀に出品されていることがあり、通常よりも安く購入することができます。

色んなサイトを覗いてみて、安い物があったら落札してみましょう!

スポンサーリンク

おまけ情報

ここからは観覧料の割引方法ではないのですが、お得に利用する事ができる方法がいくつかありましたので、まとめてみました。

気になる方はこちらもチェックしてみましょう!

ベネフィットステーションに登録してクーポンを提示する

ベネフィットステーションとは福利厚生サービスを行っている会社のサービスで、旅行やレジャー施設、飲食店など約50万点以上のサービスを通常よりも安い料金で利用することができるサービスを行っています。

料金が月額1,026円かかりますが、上手く使えば元を取って節約することができるので登録してみましょう。

琵琶湖博物館の場合は、オリジナルポストカードをもらうことができます。

デイリーPlusに登録してクーポンを提示する

デイリーPlusとは、ヤフーが提供している会員制割引優待サービスで、映画館やレジャー施設、宿泊など約100万件の割引サービスを提供しています。

利用すると貯まっていくポイントを使って、さらにお得に利用できたり、施設によっては期間限定で大幅割引されるイベントが行われたりとお得情報が満載!

月額540円と有料になっていますが、割引対象施設は多いですし、家族みんなで利用すればあっという間に元は取れるので、長い目で見ると大きな金額を節約することができますよ。

ちなみに、琵琶湖博物館の場合は、オリジナルポストカードをもらうことができます。

こちらから登録して下さった方限定で2ヶ月無料で利用できるようになっているので、こちらから登録してお得に利用しましょう!
デイリーPlusに登録してお得に利用する!

駅探バリューDaysに登録してクーポンを提示する

駅探バリューDaysとは、映画館やレジャー施設、宿泊施設など、約120万件の割引サービスを提供しています。

先ほどのデイリーPlusと似たようなサービス内容になっており、月額324円という安い料金で利用できるのが魅力!

5か月以上継続して利用するなら、月々の料金の合計がデイリーPlusよりもお得になるのでおすすめですよ♪

ちなみに、琵琶湖博物館の場合は、オリジナルポストカードをもらうことができます。
駅探バリューDaysに登録してお得に利用する!

まとめ

今回は、琵琶湖博物館の割引券やクーポンを手に入れる3つの方法についてお伝えしました!

観覧料の割引方法が少ないのは残念ですが、その他で利用する事ができるクーポンもありますので、自分に合った方法でお得に利用しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています