桂浜水族館の割引券やクーポンを手に入れる6つの方法!


高知県高知市にある桂浜水族館は、南四国にしか生息しないスズキ科のアカメの展示など約250種6,000尾の魚類を観察でき、イルカやアシカショーも見ることができる人気の水族館として知られています。

そんな桂浜水族館に行きたいなと考えていると思いますが、料金を見てみると高いなぁと思ってしまいますよね。

そこで今回は、桂浜水族館の割引券・クーポン情報についてお伝えします!

スポンサーリンク

桂浜水族館の割引券・クーポン情報!

桂浜水族館の割引券やクーポンの入手方法を6つ紹介します。

格安で簡単な方法から、少し面倒だけど割引率が高い物までありますので、自分に合った方法で割引券・クーポンをゲットしましょう!

※注意!
時期によっては通常料金が変更、割引期限の終了、割引除外期間の設定、割引率や割引になる条件が変更されている場合があるので、必ず公式HP・割引対象サイトを確認してから利用しましょう。
(もしも変更になっていた場合は、お問い合わせからご一報下さると修正致します)

[入館料]

区分 料金
大人 1,200円
小中学生 600円
幼児
(3歳以上)
400円

公式サイトのクーポンを利用する

桂浜水族館の公式サイトでは、アンケートを行っており、アンケートに回答すると割引クーポンを利用する事ができます。

クーポン画面を印刷してチケット窓口に提示すると、クーポン1枚で1人まで割引料金で利用する事ができます。
[入館料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,200円 1,100円
小中学生 600円 500円
幼児 400円 300円

JTBから前売り券を購入する

JTBでは、桂浜水族館の前売り券を販売していて、通常よりも安く購入することができます。

JTBを経由すれば各コンビニから購入することができるので便利ですよ。
[入館料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,200円 1,100円
小中学生 600円 500円
幼児 400円 300円

HISクーポンを利用する

HISクーポンでは会員登録をしなくても利用できるクーポンを発行しています。

数に限りがありますが、クーポン画面を印刷してチケット窓口に提示すると、クーポン1枚で1人まで(1クーポン5枚まで印刷可能)割引料金で利用する事ができます。
[入館料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,200円 1,100円
小中学生 600円 500円
幼児 400円 300円
スポンサーリンク

ベネフィットステーションに登録してクーポンを提示する

ベネフィットステーションとは福利厚生サービスを行っている会社のサービスで、旅行やレジャー施設、飲食店など約50万点以上のサービスを通常よりも安い料金で利用することができるサービスを行っています。

料金が月額1,026円かかりますが、上手く使えば元を取って節約することができるので登録してみましょう。
[入館料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,200円 1,100円
小中学生 600円 500円
幼児 400円 300円

デイリーPlusに登録してクーポンを提示する

デイリーPlusとは、ヤフーが提供している会員制割引優待サービスで、映画館やレジャー施設、宿泊など約100万件の割引サービスを提供しています。

利用すると貯まっていくポイントを使って、さらにお得に利用できたり、施設によっては期間限定で大幅割引されるイベントが行われたりとお得情報が満載!

月額540円と有料になっていますが、割引対象施設は多いですし、家族みんなで利用すればあっという間に元は取れるので、長い目で見ると大きな金額を節約することができますよ。

ちなみに、こちらから登録して下さった方限定で2ヶ月無料で利用できるようになっているので、こちらからお得に利用しましょう!
デイリーPlusに登録してお得に利用する!
[入館料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,200円 1,100円
小中学生 600円 500円
幼児 400円 300円

駅探バリューDaysに登録してクーポンを提示する

駅探バリューDaysとは、映画館やレジャー施設、宿泊施設など、約120万件の割引サービスを提供しています。

先ほどのデイリーPlusと似たようなサービス内容になっており、月額324円という安い料金で利用できるのが魅力!

5か月以上継続して利用するなら、月々の料金の合計がデイリーPlusよりもお得になるのでおすすめですよ♪
駅探バリューDaysに登録してお得に利用する!
[入館料]

区分 通常料金 割引料金
大人 1,200円 1,100円
小中学生 600円 500円
幼児 400円 300円

まとめ

今回は、桂浜水族館の割引券やクーポンを手に入れる6つの方法についてお伝えしました!

どの方法も割引率は同じなので、自分に合った方法でお得に利用しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらの記事も読まれています